360RMGについて

360RMGについて

ジャック・バード (Jack Byrd)

代表取締役/代表パートナー
大手金融機関、法律事務所、その他大手民間企業、及び各種政府機関等に対し、20年以上にわたり、セキュリティ・アドバイザリー、不正調査、リスクマネジメント・コンサルティングなどのリスク軽減サービスを提供。不正に対する脆弱性、企業活動への各種妨害工作や企業秘密の窃盗・漏洩に関するリスク軽減のためのコンサルテーションを専門とし、これまで国際的な不正調査事案に数多く従事してきた。

360RMG設立前には、アメリカにおいて、破綻した貯蓄貸付組合の資産押収や腐敗した政府高官や資産家の隠れ資産の調査を含む数々の重要な政府関連プロジェクトを指揮。また、2008年にインド(ムンバイ)で連続テロ事件が発生した際には、国外からの最初の調査官の一人として事件直後に現地入りし、同地の金融機関、病院、学校、多国籍企業等に対して緊急時のセキュリティ・コンサルティングを行った。また、Kroll Internationalのシニア・ディレクターとして、 アジアにおける同社のセキュリティ・プラクティス(身代金目的の誘拐・脅迫事案への緊急対応など)を指揮。また、Kroll 入社前には、欧州系クライシスマネジメント・コンサルティング会社 のビジネスインテリジェンス&クライシスマネジメント部門においてシニア・マネージャーを務めた経験をもつ。

上記の他に主な専門領域は以下の通り。

コンプライアンス・アドバイザリー、コンプライアンス・ポリシーの策定・実行・評価 (海外腐敗行為防止法(FCPA)、OFAC、コーポレートガバナンスなど)

事業継続計画(Business Continuity Planning, BCP) 、災害復旧計画(Disaster Recovery Planning, DRP) 、緊急対応計画(Emergency Response Planning, ERP)

パンデミックや製品汚染発生時の緊急対応

知的財産権の侵害に関するコンサルテーション

企業の物理的セキュリティ

渡航中の安全確保に関するコンサルテーション

360RMGでは、代表取締役として経営管理に関する様々な職責を実行する傍ら、引き続き積極的に調査活動やセキュリティ・コンサルティングに従事しプロジェクトの陣頭指揮を執っている。主に東京及び香港オフィスを拠点とする。

jack@360rmg.com

加瀬 隆 (Takashi Kase):

360RMG入社以前には、コントロール・リスクグループのBusiness Continuity Management (BCM)部門のクライシスマネジメント・ディレクターとして、消費材、エネルギー、金融など広範囲にわたる業界に関する国内外様々な案件を手掛けた。

大学卒業後、日本電気株式会社(NEC)に入社。同社においてコンピュータプログラマー及びネットワークエンジニアとしてキャリアをスタートさせる。その後、宇宙開発事業団(NASDA)の国際宇宙ステーション(ISS)プロジェクトに参加、テレコミュニケーション・エンジニア及び日本の航空管制チームのリーダーとして活躍した。

電気工学の学士及び国際経営学のMBAを有する他、国際紛争の調停に関する専門資格も取得。

360RMGにおいては、BCM、DRP、及び、パンデミックの発生等に伴う緊急対応などのクライシスマネジメントを主な専門とする。

tkase@360rmg.com

キャサリン・ウィルソン (Katherine Wilson):

公認会計士(CPA)。大手有名会計事務所在籍時代にアメリカの大手銀行に対しリストラクチャリングや不正対策のアドバイザリーを行った経験や、アメリカ及びイギリスの大手民間企業等で財務担当を歴任した経験などを含め、金融サービス業界において25年以上の経験を有する。

ビジネス戦略、システムデザイン、内部統制の計画・評価などの領域におけるコンサルティング経験も豊富にもつ。最近では、世界最大手のオンライン株式仲介会社を顧客にSOX導入アドバイザリーの提供や、内部統制不履行のスキャンダルに見舞われた大手投資銀行に対するコンサルティングなどの実績がある。

またトランザクション前の財務、法律、ビジネス、人的リスクの分析評価手法にも精通している。

在学中は会計学と情報科学を専門に勉強し経営学学位を取得。また、大学院課程において組織心理学のコースも終了した。

360RMGにおいては、同社のGlobal Financial Advisory Services(FAS)を担当する。

kwilson@360rmg.com

ダニエル・ウィルモス (Daniel Wilmoth):

アメリカ政府の防謀要員(カウンターインテリジェンスオフィサー)としてキャリアをスタート。政府関連施設のセキュリティ評価、高官の護衛、政府の安全保障への脅威が疑われるセキュリティ事案の調査などに従事。その後、民間の大手会計事務所に入社、シニアアソシエイトとしてマネーロンダリング関連のコンプライアンス及び調査に携わった。

360RMG入社前には、Kroll Internationalにて、アソシエイト・ディレクターとして物理的セキュリティ、脆弱性評価、内部不正調査、ビジネス/コンペティター・インテリジェンス、デューデリジェンス等の業務に従事した。

上記の他、雇用前調査や企業警護、海外渡航安全コンサルティング等の領域においても豊富な経験を有する。360RMGでは主にセキュリティ・コンサルティング及び各種調査を担当。

dwilmoth@360rmg.com